カテゴリー:KBO

    このエントリーをはてなブックマークに追加
rfjjrerw

1: 名無し 2018/10/23(火) 12:08:58.61 ID:v3HwrJwR0
阪神が来季の新外国人先発投手候補として、韓国プロ野球で今季最多勝に輝いたセス・フランコフ投手(30)、同最優秀防御率のジョシュ・リンドブロム投手(31)=ともに斗山=をリストアップしていることが22日、分かった。
当初は先発左腕獲得を主軸としていたが、矢野新体制で岩崎、能見らを先発へ配置転換する案を検討しており、外国人の先発補強は左右を限定せずに獲得調査を進めていく方針に切り替えた。ともに実績十分で、期待値は高い。

4: 名無し 2018/10/23(火) 12:10:01.08 ID:v3HwrJwR0
その中で「2人は候補です」と同幹部が認めたのが韓国・斗山で優勝の原動力になったフランコフとリンドブロム。フランコフは今季18勝をマークして最多勝を獲得した右腕。ハードシンカーを主体とした投球スタイルで、スライダーで横の揺さぶり、カーブで緩急をつける投球術を駆使して結果を残した。

中4日など短い登板間隔でフル回転できるスタミナもあり、勝率・857もリーグトップ。日本球界にはいないタイプであり、成功する要素を秘めている。

リンドブロムは195センチ、105キロの恵まれた体格から投げ下ろす本格派の右腕。最優秀防御率のタイトルを手中に収め、26試合の先発でクオリティースタート(6回以上自責点3以内)を達成したのは実に21回。抜群の安定感は折り紙付きで、打高投低と言われる韓国プロ野球界で結果を残してきた事実は確かな判断材料になる。

9: 名無し 2018/10/23(火) 12:10:45.20 ID:v3HwrJwR0

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加
wegfter

1: 名無し 2018/10/05(金) 13:26:10.05 ID:7xQuxJA6p
来季4年目を迎える金本阪神の巻き返しに向け、重要補強ポイントの一つが先発左腕投手の獲得だ。阪神が、韓国No・1左腕のヤン・ヒョンジョン投手(30=韓国KIA)の動向を調査していることが4日に判明。
ジャスティン・ニコリーノ(26=レッズ傘下)やロエニス・エリアス(30マリナーズ)らもリストアップしているもようで、戦える戦力補充を行う構えだ。

メッセンジャー、藤浪、秋山、才木、小野……。さらに青柳や浜地、馬場らも控えており、先発右腕の頭数は充実している阪神。一方で不足しているのが左腕だ。今季、年間を通じて先発ローテーションを担ったのは岩貞のみ。
ルーキーの高橋遥は故障離脱し、岩田もローテの谷間を埋めるにとどまった。さらに今秋ドラフトでも1位候補に左腕は不在。それなら、助っ人で補強するしかない。

球団は今年、韓国と台湾に2度、米国にも1度、編成担当を派遣し、新外国人投手候補の調査に力を注いできた。特に韓国視察では先発を重点調査。
その中で浮上した候補の一人が最速152キロを誇る韓国No・1左腕のヤン・ヒョンジョンだ。球団幹部も「リストには入っています」と認めた。

2: 名無し 2018/10/05(金) 13:26:25.24 ID:7xQuxJA6p
打高投低のKBO(韓国野球委員会)リーグで、今季まで5年連続2桁勝利を挙げており通算120勝。15年には最優秀防御率、17年には20勝で最多勝のタイトルを獲得した。今季も29試合13勝11敗、防御率4・15(4日現在)。
KBOで実働12年と経験豊富。今年で30歳と、まだまだ働き盛りで、日本でも先発ローテーションの一角を担う力を、十分に持ち合わせている。

球団はヤン・ヒョンジョンだけでなく、8月の米国視察でも調査に力を入れてきた。ジャスティン・ニコリーノは直球こそ145キロ前後ながらチェンジアップを巧みに駆使し、打たせて取る技巧派左腕で、オリックスのアルバースに似たタイプという。
ロエニス・エリアスは14年シーズンに先発として10勝(12敗)を挙げたスリークオーター左腕で、150キロ前後の球威が持ち味。いずれも、先発ローテの一角を期待できる。

別の球団幹部が「新助っ人に関しては、まずは野手よりも投手を優先して調査しています」と話したように、今オフの最重要補強ポイントは投手。しかも先発左腕だ。
若手野手の育成を進める上でも投手力強化は不可欠。今後もヤン・ヒョンジョンらを中心に、先発左腕候補の動向を注視していく。

3: 名無し 2018/10/05(金) 13:26:42.73 ID:7xQuxJA6p

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bgfiodrtju442rf

1: 名無し 2018/07/11(水) 17:29:25.47
キム・インシク(韓国のレジェンド代表監督)の分析によると

・KBOは10球団に増やした事で投手資源が枯渇している
・130キロ台の先発ばかり(球が遅い)
・変化球の制球力がなく、キレもない
・ウッズの時代は各チームに素晴らしいエースがいた
・ナバーロ、バンヘッケンのようにNPBで失敗するケースが多すぎる
・反対にNPBで失敗したロマックはKBOで最高の打者になる
・2000年前後よりむしろレベルは落ちている

2: 名無し 2018/07/11(水) 17:29:46.86

※関連記事
韓国代表のレジェンド監督キム・インシクが語る、ロサリオが通用しなかったワケ

続きを読む

このページのトップヘ