カテゴリー:FA

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
e4tytyt-horz

1: 名無し 2019/01/19(土)02:18:27 ID:1Cc
石嶺和彦 オリ
山沖之彦 オリ
星野伸之 オリ

片岡篤史 ハム
金本知憲 広島
新井貴浩 広島
藤井彰人 楽天
小林宏之 ロッテ
日高剛 オリ
高橋聡文 中日
糸井嘉男 オリ
西勇輝 オリ


ちなみにオリックスからの国内FAは9人中6人が阪神行きや

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
767i

1: 名無し 2019/01/16(水) 12:44:57.70 ID:wVQKeGhw0
気温20度を超える沖縄で自主トレを行う藤川が、問題を提起した。
丸が巨人にFA移籍し、長野が人的補償で広島に移籍。

「トレードのようにしか感じないね。もう、人的補償とかじゃない。名前を変えるとか?どうしても一般的に受けが悪いから。人的補償って言うと。名前さえ変われば、魅力のあることだったんだと思える

FAの権利も、内容を変えていく時期に入ってきているんじゃないかな
「もし、メディアの方たちが書いていくと、面白くなると思う。
『ルールを変えた方が良いんじゃないですか』と。
メディアの方から動かしていくと、ものすごく良くなると思う」

「もっと自分たちで、球界がよくなっていくことを考えていきたい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00447813-nksports-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y01m07d_150244693

1: 名無し 2019/01/07(月) 13:32:12.18 ID:jHQ0VSoo0
原が星野みたいな血の入れ替えしとるわ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
34tuhejrfg

1: 名無し 2018/12/20(木) 20:01:58.28 ID:Ia80sKxA0
痛いけどまあ予想通りやね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
rfeufg

1: 名無し 2018/12/20(木) 19:33:02.06 ID:/Kt7UaF80
オリックスから阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)の人的補償として、竹安大知投手(24)がオリックスに移籍することが20日、発表された。
矢野阪神1年目の先発候補の一角として期待されていた若手右腕に白羽の矢が立った。

竹安は静岡出身で、静岡・伊東商、熊本ゴールデンラークスを経て、15年ドラフト3位で阪神に入団。2年目の昨季10月5日中日戦(甲子園)で1軍デビューを迎え、中継ぎ登板でプロ初勝利を手にした。3年目の今季は春先の右手の負傷で出遅れたが、6月に復帰登板を果たし、2軍戦で快投を連発。終盤の10月に1軍昇格を果たし、プロ初先発となった10月13日の中日戦(ナゴヤドーム)では、5回5安打2失点と粘投。金本阪神最終戦での白星に貢献した。

オリックスは今オフ、阪神に移籍した西に加え、長年エースとして球団を引っ張ってきた金子が日本ハムへ移籍。先発2枚看板を失ったことで手薄となった先発投手の補強に踏み出した形となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00423975-nksports-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
23rfiergj

1: 名無し 2018/12/14(金) 12:19:12.05 ID:y7r7qmCk0
投手
馬場、藤川、高橋遥人、才木、秋山、望月、岩崎
能見、藤浪、岩崎、浜地、青柳、桑原、岩貞、小野

捕手
梅野、原口

内野手
上本、大山、糸原、鳥谷、植田、北條、陽川

外野手
福留、糸井、高山、中谷


プロテクト外

投手
岡本、高橋聡文、歳内、尾仲、竹安、島本
岩田、谷川、福永、守屋、飯田、牧、伊藤和雄

捕手
坂本、長坂、岡崎、小宮山

内野手
荒木、熊谷、森越、山崎

外野手
江越、伊藤隼太、板山、島田、俊介

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00010002-baseballc-base

2: 名無し 2018/12/14(金) 12:19:41.77 ID:y7r7qmCk0
阪神のプロテクトは、先発を担うであろう岩貞祐太、秋山拓巳、小野泰己、才木浩人、復活が期される藤浪晋太郎、若手の馬場皐輔、高橋遥人、今季ファームで8勝を挙げた青柳晃洋らをプロテクト。
中継ぎは、ベテランの能見篤史と藤川球児、勝ちパターンの桑原謙太朗、左腕の岩崎優、代表経験のある石崎剛、有望株の望月惇志を選出した。
また、1軍での登板はないものの、今季ファームで9試合27回0/3を投げ、防御率1.00をマークした20歳の浜地真澄もプロテクトした。
一方、年齢を考慮して選外となったベテランの岩田稔、岡本洋介、高橋聡文の3人や、ファームで活躍を印象付けた竹安大知、今季DeNAから人的補償で加入した尾仲祐哉は守り切れず、オリックスが獲得に動く可能性は高い。

阪神からは、今季ゴールデングラブ賞を獲得した梅野隆太郎と、代打で球団記録タイとなる23安打をマークした原口文仁をプロテクトした。坂本誠志郎は、今季自己最少となる15試合の出場にとどまり、オリックスのニーズとも合致しないため、選外とした。

阪神のプロテクトは、主力の上本博紀、北條史也、大山悠輔、糸原健斗に加え、生え抜きの功労者である鳥谷敬、今季ブレイクした陽川尚将、植田海を選出した。
俊足のルーキー熊谷敬宥は、オリックスの選手事情から選外とした。

豊富な人材が揃う外野からは、主軸の糸井、福留孝介のベテラン組に加え、2016年新人王の高山俊、昨季20本塁打を放った中谷将大を選出した。今季代打を中心に活躍した伊藤隼太や、未完の大器・江越大賀、ファームで打撃を磨いた板山祐太郎、ルーキー島田海吏、堅実な守備が売りの俊介は、投手を厚めにプロテクトしたため選外とした。

続きを読む

このページのトップヘ