カテゴリー:貧打

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
p0ookmedhu

1: 名無し 2019/04/13(土) 00:57:37.98 ID:6P4MI6VBp
阪神は12日の中日戦(甲子園)に4―9で敗れ3連敗。借金は今季最多の3にまで膨らんだ。先発のメッセンジャーは初回、遠藤に右翼線への二塁打を許すと自身の暴投に梅野の悪送球も重なり早々と先制点を献上。4回と6回にはビシエドに2打席連続の4号&5号2ランを許し、リードを広げられた。

その後も追加点を許し、6回6失点で降板したメッセンジャーは失意の今季初黒星。
「(先制点は)あんな感じで与えるべきじゃなかった。ビシエドに打たれた2本の本塁打は、いずれもいいコースに投げられた。今日は彼が上手だった」とうなだれた。

今季、左投手を苦手としている阪神打線はこの日も中日の3年目左腕・笠原に5回まで無安打無得点に封じ込まれるなど沈黙。相変わらず解消されない得点力不足に虎党のフラストレーションも募る一方だ。凡退した選手に向け「帰れ!」の野次が飛ぶなど球場には殺伐とした空気が流れる一幕もあった。

試合終盤に意地を見せ、一旦2点差にまで迫った阪神だが、9回に登板した桑原が打ち込まれ3点を失い万事休す。気温11度まで冷え込んだ甲子園に、なんとも寒々しく切ない風が吹いた。

2: 名無し 2019/04/13(土) 00:57:50.01 ID:6P4MI6VBp

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y04m06d_173648039

1: 名無し 2019/04/06(土) 17:22:23.32 ID:xSMqX8G3a
2-1
1-0
1-2
3-9
3-6
1-10
3-2
3-10

地味にヤバくないか?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
yh6yfers

1: 名無し 2019/04/03(水) 20:13:29.61 ID:oWNthlr4a
選手の練習の仕方が悪いんか??誰なら救えるんや??

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
no title

16: 名無し 2018/10/02(火) 20:43:07.38 ID:vjqPAt8Ld
はい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2018y10m01d_210339408

4: 名無し 2018/10/01(月) 20:47:48.33 ID:/SMD4tg+0
どうしてこうなった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2018y09m24d_203059548

1: 名無し 2018/09/25(火) 07:09:37.07 ID:qz/YZv/kp
(セ・リーグ、阪神0-0巨人=延長十二回規定により引き分け、24回戦、巨人15勝8敗1分、24日、甲子園)貧打極まり、歴史的“見殺し”-。阪神は甲子園での巨人戦を延長十二回、0-0で引き分けた。
投手陣が必死に踏ん張る中、打線は得点圏に一度も走者を送れず。二塁も踏めないスコアレスドローは球団史上初となった。ちょっと打てる気しなかった」と金本知憲監督(50)。ここ一番で貧打を繰り返す今季、残り14試合で3位Gとは2・5ゲーム差だ。

4万6646人を飲み込んだ聖地が沈黙した。得点に沸く六甲おろしはおろか、チャンステーマが響くことすら、ない。投手陣を見殺しにする延長十二回スコアレスドロー。しかも最後まで二塁も踏めない屈辱だった。

打てなかったというよりは相手ピッチャーがよかったね。メルセデスから畠、山口(俊)…。みんな絶好調じゃなかったのかな。ちょっと打てる気しなかったしね、つけいるスキもなかった」

金本監督は“お手上げ”だったが…。いかに相手がよかったとはいえ、なんとかするのがプロ野球だ。2戦2敗だったメルセデスには七回に一走・大山が飛び出し(盗塁死)、八回一死一塁では梅野が三ゴロ併殺打に倒れた。
8回0封を許し初対戦から24回無得点。7月18日の甲子園での三回以来、3試合にまたがり21イニング連続で得点圏の場面を作れていない。

畠に代わった九回は無死一塁から糸原、森越が2者連続バント失敗。信じられない拙攻を見せると、延長十回からは山口俊に3回パーフェクト、5三振で見せ場もなくゲームセットだ。

1950年の2リーグ分立後、虎の0-0のドローは12度目。しかし、二塁すら踏めなかったのは球団史上初だ。先発岩貞を筆頭にリリーフも奮闘しながら、応える気配すらなく散発4安打。延長とはいえ今季ワーストの15三振を奪われた。

2: 名無し 2018/09/25(火) 07:09:57.15 ID:qz/YZv/kp
甲子園4連敗も、聖地G戦5連敗も止められず「鬼門」の本拠地で19勝34敗2分けだ。横浜など好相性の球場での猛爆でチーム打率・256はリーグ4位だが、シーズンを通して貧打は深刻。
22日の広島戦(マツダ)で13点を奪い、9月5度目の2桁得点で上向いたかと思わせたが、大事な試合になると、好投手を前にすると、シュンとなってしまう。
クライマックスシリーズ(CS)進出へ、必勝を期した3位巨人との2連戦は1点、0点。この日の“歴史的見殺し”は象徴的だ。

就任以来、金本監督が求めてきた「振る力」。エース級を打つ、速い球を打つ-。目標を掲げて進んできたが、集大成といえる就任3年目になっても、変わらない。
速球には力負けし、相手エースや勝ちパターンの継投を打ち崩せない。相手を揺さぶる機動力も確固たるものはなく、攻撃の形がないのが現状だ。

巨人とは2・5ゲーム差のまま。Gが残り6試合を3勝3敗でも、虎は14試合を10勝4敗以上でないと上回れない。数字上は極めて厳しい。

「(投手の頑張りに)野手も応えないといけなかったんだけど」

寂しすぎる0-0。味方の熱投を尻目に12イニング、一度も見せ場も作れず終わっていては、今季のCSどころか、来季も苦しい。

3: 名無し 2018/09/25(火) 07:10:16.39 ID:qz/YZv/kp

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2018y09m24d_203059548

10: 名無し 2018/09/24(月) 17:36:28.36 ID:Adi676ir0
投打が噛み合わない

続きを読む

このページのトップヘ