カテゴリー:西谷浩一

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
dksirejfg

1: 名無し 2019/02/14(木) 07:48:25.33 ID:4fwF1M8o0St.V
阪神・藤浪晋太郎投手(24)が13日、「株式会社おやつカンパニー」から感謝状と御礼品を受け取ったことを明かした。毎年1月に母校・大阪桐蔭を自主トレで訪れた際に同社製スナック菓子「ベビースターラーメン」を恩師の西谷浩一監督に大量に差し入れ。話題提供の貢献を認められ、予想外の“エール”に感激した。

誰もが一度は口にしたことがある「ベビースター」から“ド直球”のエールが届いた。
キャンプ前の1月下旬、藤浪の元に送られてきたのは、一通の手紙とズッシリと重みのある段ボール1箱。中身を見て、思わず「まじか…」とつぶやいた。

本当にびっくりしました。まさかおやつカンパニーさんが反応してくれて、こんな御礼の品が届くなんて思ってなかったので…

同社のスローガン「たっぷり、たのしい」を象徴するように、中身は大量のベビースターラーメン各種にプレゼント企画でしか手に入らない非売品の「スマートベビースターサーバー」、そして書面には「日頃のご愛顧への感謝の気持ちを込めて」と記してあった。

2: 名無し 2019/02/14(木) 07:49:11.29 ID:4fwF1M8o0St.V
藤浪はプロ入り時から年明けに母校・大阪桐蔭で自主トレする際、恩師である西谷監督に大好物である「ベビースターラーメン」を差し入れしてきた。16年の600袋から年を追うごとに量は増え、今年は過去最高の800袋を準備。冗談半分で「来年からおやつカンパニーから提供してくれないかな」と口にした言葉が本人の知らぬ間に製造元に届いていた。

同社の広報担当者は「かねてベビースターの話題化に貢献いただき、感謝を込めて(御礼品を)進呈しました」と説明。過去に同社がアスリートへ同様のアプローチをかけた事例は一度もなく、「例外的に対応しました」と藤浪への多大な感謝がうかがえる。今後へ向けても「(藤浪から西谷監督への)ベビースター贈答、コラボ商品等、当社としても、何らかご協力させていただきたい」と強調。差し入れのサポートやベビースターの“藤浪晋太郎味”など夢プランも思い描いた。

5: 名無し 2019/02/14(木) 07:49:58.23 ID:4fwF1M8o0St.V
正直、ギャグで始めたことだったので(笑い)。ベビースターは小さい時から好きで、お酒のつまみとしても好きで、ついつい食べたくなるお菓子です。西谷監督にも報告したいと思います

今年で発売60年目を迎える「ベビースターラーメン」のように藤浪も、誰からも長く愛されるような選手を目指す。宿った「ベビースター魂」。白星を量産し、虎を歓喜させる“たっぷりたのしい”シーズンにしたい。(遠藤 礼)

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/14/kiji/20190214s00001173017000c.html

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
1: 名無し 2019/01/05(土) 11:19:44.30 ID:avGzuxAh0
【お待ちかね】今年は過去最高の800袋を準備したそう。「来年おやつカンパニーから提供してくれないかな?」とニヤリ。
#ベビースター #藤浪晋太郎 #大阪桐蔭 #西谷監督
https://twitter.com/sponichi_endo/status/1081362971777875969?s=21

no title

no title

no title

no title


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
efpwpp40igk

1: 名無し 2018/12/14(金)00:08:22 ID:opf
押す?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
no title

1: 名無し 2018/08/24(金) 17:27:46.94 ID:voEOnp0l0
西谷「こんなことを相談してきた選手は初めてだ」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
43ogidgjdjgidgieognbcbknm4o5ji

1: 名無し 2018/08/21(火) 15:58:57.36 ID:GCIlIO6W0
母校の大阪桐蔭・西谷浩一監督(48)が復活を目指す阪神藤浪晋太郎投手(23)にゲキ熱エールを送った。

ダメならユニホームを脱がないといけない。それくらいの覚悟がいる年」と叱咤(しった)激励。

高校時代も信頼を失いかけた窮地からはい上がり、12年甲子園春夏連覇の主役となった教え子の復肩を願った。

「下手投げにするか?」

昨シーズン、休日を利用してグラウンドに顔を出した藤浪に、西谷監督はこう言った。

「え!?」。半笑いの顔で、藤浪は見返してきた。

西谷 本当に下にしろというんじゃない。それくらいの気持ちで何か考え方を変えないといけないんじゃないか、という話です。藤浪は笑ってましたけどね。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801030000222.html

続きを読む

このページのトップヘ