カテゴリー:西岡剛

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
khsdgkjhdsjkhdf

1: 名無し 2019/05/12(日) 22:05:11.10 ID:LhM4mnQKa
すごい

3: 名無し 2019/05/12(日) 22:05:37.97 ID:LhM4mnQKa

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
4grvd4ewfghewsr

1: 名無し 2019/04/30(火) 18:51:50.48 ID:xAmh85h00
https://sports.yahoo.co.jp/m/column/detail/201904250010-spnavi
目がくらむほどの華やかなプロ野球人生を歩んできた両打ちの「スピードスター」が今、地方のグラウンドで汗を流している。昨季限りで阪神を戦力外となった西岡剛。NPBへの返り咲きを目指し、独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに新天地を求めた。

2: 名無し 2019/04/30(火) 18:52:16.19 ID:xAmh85h00
――プロ17年目は独立リーグで迎えました。NPBでも、MLBでもない環境にどう向き合っていますか?

めちゃくちゃ楽しいですよ。この場所で、吸収しまくろうと思ってるんで。社会人1年目の勉強ができてるって感じですね。
NPBでは何でもそろっていて、非現実的な世界にいたんやなって。ここでは水1本だって自分で自動販売機で買うわけですから。
小銭を出すのが面倒くさいわけですよ(苦笑)。でも、それが現実の世界。勉強ですよね。

3: 名無し 2019/04/30(火) 18:52:33.31 ID:xAmh85h00
――関係者も、ファンも、周囲は「あの西岡剛だ」と特別な目で見ています。

それが一番、僕の刺激なんですよ。もし僕が練習にギリギリの時間に来て、ウォーミングアップからダラダラして、試合の時だけ必死にやっている姿を周りの若い子たちが見るとどうですか? 
NPBってそれくらいで行けるんだと思わせたくない。そして、今、NPBで戦っている選手の顔もつぶすことになるじゃないですか。
やっぱりNPBってすごい場所なんだなと感じ取ってもらいたいんですよ。現実にそうなんで。

9: 名無し 2019/04/30(火) 18:54:12.89 ID:xAmh85h00
14年に福留(孝介)さんとぶつかった時(※編注:守備で飛球を追った際に交錯して鼻骨骨折や左肩脱臼などを負った事故)の影響で、背中の神経痛がすごく出るようになっていて、去年も背中がピキッてなるのを8回繰り返してるんですよ。
でも、それが消えてきている。だから今、野球が楽しい。本塁打も出るようになってきた。それはリーグのレベルの差とかじゃなく、痛みをごまかさない打ち方ができているということです。
福留さんとぶつかったのだって、当時から体のことに対して気をつけていれば防げたかもしれない。当時の体重は87キロくらい。10年に首位打者を取ったときが82キロで、今も81~82キロ。
今の方が、明らかにフライのボールに到達するスピード感は速いんですよ。だから、2歩でも3歩でも速く落下地点に到達して、福留さんを制止して捕れたかもとも思うんですよ。

10: 名無し 2019/04/30(火) 18:54:34.61 ID:xAmh85h00
17年のオフかな。イチローさんと一緒に自主トレをしていたんですよ。その時に「今、すごくいい目をしているね」って言われて。
その言葉が、今から向かおうとしている方向が間違っていないんだなという確信につながったんですよ。
僕のことをどう見てくれていたかは分からないですけど、その目が継続できるのであれば「いいね」って感じやった。自信になりましたね。

17: 名無し 2019/04/30(火) 18:55:26.40 ID:xAmh85h00
――阪神に移籍した2013年以降は故障の連続でした。特に16年の左アキレス腱(けん)断裂は大きな転機だったのではないでしょうか?

あの時は、やめると決心していたんですよ。手術もするつもりなくて。ちょうど結婚した年で、妻が明るく「大丈夫?」って病室に入って来たのをすごく覚えています。
実績としては2000安打を打っているわけでもなく、名球会に入れるような選手にはなれなかったけど、06年のWBCや北京五輪、日本一も経験したし、アメリカにも行けた。
経験という点では一通りの景色は見られたから、もういいかなって。あと、何が一番嫌かって、プロアスリートがまず歩行練習からリハビリを始めなきゃいけない。
それが苦痛なんですよ。だから、やめようと思った時点で、僕は野球選手として一回死んでいるんです。

20: 名無し 2019/04/30(火) 18:56:07.33 ID:xAmh85h00
入院中、病院内を車いすでうろうろしていた時に、10歳くらいの子が走って来て「サインください」って言うから書いたんです。その子は「頑張って復帰してくださいねー」と言って去って行ったんですけど、後で病院の先生から小児がんで入院している子だと聞きまして。
俺より苦しんで戦っている人がいるのに、なんて俺は弱くなっているんだと。その後、がんと闘う子たちと交流する時間を持ちました。
懸命に生きようとしている姿をまじまじと見た時に、アキレス腱断裂っていうのはケガとしては全然大したことないと。僕のメンタル次第だと思って、復帰しようと思えたんです。

70: 名無し 2019/04/30(火) 19:01:54.07 ID:xAmh85h00
トライアウトを受ける選手にはなりたくなかったですけど、そういう現状になってみると、どんな場所なんだろって経験することができました。
NPBから声がかからなかったなかで、やっぱり野球を続けるんやったら上を目指した方が楽しいやろうと。それならNPBですよね。実は、海外も視野に入れたんですよ。
アメリカの独立リーグや、イタリアやオランダだってある。ヨーロッパに行ったら行ったで、ヨーロッパの考え方っていうのが今後の人生のためにいい経験になるかなとも思ったんですけど、
NPBを本気で目指すなら、いつ声がかかってもすぐ行けるように日本の独立リーグやなと。栃木には真っ先に声をかけていただきました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
khsdgkjhdsjkhdf

1: 名無し 2019/04/12(金) 10:54:39.98 ID:Bs1SL78H0
3試合 .636(11-7) 1本 6打点 4盗塁 OPS1.896
打率1位本塁打2位打点1位盗塁1位
贔屓に欲しいやろ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
khsdgkjhdsjkhdf

1: 名無し 2019/04/07(日) 20:22:35.36 ID:V487Hqn2p
今季からルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに加入した前阪神の西岡剛内野手が7日、本拠地デビュー戦で役者の違いを見せつけた。
群馬ダイヤモンドペガサス戦(小山運動公園)に「1番・二塁」でスタメン出場。独立リーグ1号を含む2試合連続の3安打3打点の大暴れ。12-3で勝利に導き、地元ファンを魅了した。

2: 名無し 2019/04/07(日) 20:23:01.39 ID:V487Hqn2p
桜が見ごろを迎えている栃木で、真っ先に球春を届けたのは、やはりこの男だった。2回2死三塁の第2打席。右打席に入り、ベルト付近の高さに来た球を思い切り引っ張った。
左翼の芝生スタンドに入る2ランに、3000人超の観客は大興奮。ダイヤモンドを回って本塁を踏んだ西岡は「家族にです」と、バックネット裏のスタンドに向かってVサインを決めた。

3: 名無し 2019/04/07(日) 20:23:20.12 ID:V487Hqn2p
先頭で迎えた5回の第3打席には二塁強襲の安打を放ち、6回無死二、三塁では、お手本のように中前へきれいにはじきかえすタイムリー。前日6日のリーグ開幕戦から計9打数6安打、1本塁打、6打点と格が違う。
「NPBを目指しているので満足することはない」と表情を変えない一方で、「結果が出ているのはうれしい」と本音ものぞく。

4: 名無し 2019/04/07(日) 20:23:36.08 ID:V487Hqn2p
この日は、二塁と一塁で軽快な守備も披露。ファンたちから注がれる視線は誰よりも特別だが「みなさんに、西岡って名前を1人でも多く覚えてもらえるように」と謙虚な姿勢を貫く。
栃木へ来て1か月。NPBとは違った地域の温かさや距離感の近さをひしひしと感じているようで「イチゴをプレゼントしていただいたり…」とも。「とちおとめ」が名産の地方ならではの心遣いに感謝する。

5: 名無し 2019/04/07(日) 20:23:47.12 ID:V487Hqn2p
試合後のヒーローインタビューでNPB復帰への思いを問われ、ほぼ満員の内野席に向かってこう切り返した。
「栃木からいっぱい来てくれているんですかね? まだ外野(スタンド)は入りますので、1人でも多く入っていただけるように」。華やかな舞台に返り咲く前に、スターとしてこの地でやるべきこともある。

6: 名無し 2019/04/07(日) 20:24:02.42 ID:V487Hqn2p

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
no title

4: 名無し 2019/03/25(月) 00:03:52.10 ID:gFTAtSBS0
すごい

続きを読む

このページのトップヘ