カテゴリー:糸井嘉男

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
27: 名無し 2019/05/20(月) 07:18:40.79 ID:zm0l6N8d0
gif
L1hQIxA-compressor

※スマホからはタップでGIF再生

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y05m18d_153039779

2019y05m18d_153054548

2019y05m18d_153104975

2019y05m18d_152942574

888: 名無し 2019/05/18(土) 15:19:54.99 ID:LHXGjTLi0
糸井かよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
wdaw2

200: 名無し 2019/05/15(水) 18:04:14.20 ID:cX202Ux00
きたあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
4ru3rfjwe

1: 名無し 2019/05/07(火) 08:02:18.23 ID:9YOZ7arM0
https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201905060000991.html
<ヤクルト4-2阪神>◇6日◇神宮

日刊スポーツ評論家の桧山進次郎氏(49)が、3連勝でストップした阪神の守備に対する意識の低さに警鐘を鳴らした。

先発の青柳晃洋投手(25)がヤクルトの先頭太田のセーフティーバントを一塁へ悪送球。一気に三塁まで進まれ、この回2失点のきっかけとなった。
右翼から悪送球のカバーに回った糸井嘉男外野手(37)の動きも疑問視。個々の意識を高めることが上位定着の鍵を握ると提言した。

3: 名無し 2019/05/07(火) 08:03:09.41 ID:9YOZ7arM0
サヨナラ勝ちの勢いは初回に消えた。ヤクルトの先頭太田がセーフティーバントで揺さぶりをかける。捕球した青柳は一塁へ送球したが、大きくそれた。ボールがファウルゾーンを転々とする間に、太田は一気に三塁へ。いきなり無死三塁のピンチを招き、2点を失うきっかけになった。桧山氏は悪送球の行方をじっと見つめていた。

桧山氏 あの場面、三塁までいかせてはいけない。もちろん、青柳の悪送球が一番ダメです。しかしミスは誰にでもあります。カバリングは意識すれば、できること。
クッションボールが変な方向に転がったわけではありません。防げるミスは防いでいかないと。糸井がやるプレーではない。手本になるべき存在ですから。


右翼からカバーに回った糸井の動きを疑問視した。阪神は5日のDeNA戦でも4失策1野選と守備が乱れた。桧山氏は守備に対する意識の低さを懸念した。

桧山氏 野球にエラーはつきものです。ただカバリングなど防げるミスをなくさないことには、競ったゲームで勝てなくなる。
また投手と野手の信頼関係にも響いてきます。ちょっとしたことで、両者の気持ちにすれ違いが生じることがあるのです。
あの日のプレーから崩れた、というのはよくある話。チームはせっかく(下位から)盛り返して、貯金も作ったのに、もったいなく思います。

矢野阪神は一時最下位に沈んだが、黄金週間の12連戦を7勝3敗と大きく勝ち越すなど、3位に浮上。
長いシーズンで好不調の波は当然出てくる。守備への意識を個々で高めなければ、上位定着はありえない。

桧山氏 打たれた、打てないというのは、仕方のない部分があります。それ以外のことで、チーム全体の気持ちがつながっておかないと。
守備に関しては、じっとしているポジションは1つもありません。カバーは意識をしっかり持てば、できることです。
青柳はオープン戦からずっと内容が良かったが、今回は捕手のミットにただ単に投げているように見えました。テンポがいいこととただ投げているのは違う。
自分のミスで点を取られて、リズムがつかめなかったのかもしれませんが、丁寧に投げるというのが伝わらなかった。見つめ直して、前を向いてやってもらいたい。

この日の敗戦で4位広島が0・5差で接近した。12連戦も残り2試合。ここが踏ん張りどころだ。苦い敗戦を糧に、チームを整備する時間はまだ残されている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
rfreg45h

1: 名無し 2019/05/03(金) 07:38:24.20 ID:0wteZpzyp
糸井休養も…阪神・矢野監督、状態の悪さ「感じている」
5/3(金) 7:00配信
サンケイスポーツ
(セ・リーグ、阪神0-4広島、6回戦、阪神4勝2敗、2日、甲子園)連勝は4で止まり、借金生活に逆戻りする完封負け。ルーキー近本の破竹の活躍の陰に隠れていた不安要素が表面化した。
クリーンアップにあと1本が出ない-。とくに3番・糸井の元気のなさは明らか。報道陣から「糸井の状態が悪そうに見える」と指摘された矢野監督は不安げな表情を浮かべた。

 「そうやね。連戦もあるしね。そういうふうに俺らも感じているんだけどね

虎の超人は一回こそ1死二塁から中前打を放ったが、二走・糸原が三塁ストップで先制点を呼び込むまでには至らず。三回1死一、二塁では力なく遊飛。六、八回はともに先頭で覇気なく三振に倒れた。得点圏打率・241はあまりにも寂しい数字だ。

19日の巨人戦(甲子園)で初めて2番で起用され、4打数3安打で応えたが二走で大山の左中間二塁打に本塁憤死。超人的な肉体で破壊力抜群の活躍をする一方、走攻守で波があるのも事実。そして、ここから異変が起きた。

同日の時点では打率・333を残していたが、4打数1安打だったこの日を終えて同・287まで急降下。ここまで全30試合に先発している37歳に対して指揮官は「1年間は長いんでね。どうしようかなというのは、これから考えます」と積極的休養を与える可能性を示唆するほど、深刻な状況に陥っている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000021-sanspo-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y04m28d_164459902

179: 名無し 2019/04/28(日) 14:05:34.97 ID:82xz0+jP0
糸井良くなってきたか


続きを読む

このページのトップヘ