ちな虎やが

阪神タイガースの情報やネタ(2ちゃんねる等)をまとめています。

    カテゴリー:矢野燿大

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2mvnbsa2


    1: 風吹けば名無し 2018/01/22(月) 06:51:25.84 ID:CqJdS8Uwp
    虎の穴も星野イズム継承だ!阪神2軍が「なれ合い」を禁止とする方針であることが21日、分かった。矢野燿大2軍監督(49)の意向で、試合前などに対戦チームに在籍するアマチュア時代の先輩・後輩に対してあいさつ回りをする習慣を完全に禁止する。

     「矢野2軍監督には“これから戦うチームの選手同士が試合前になれ合っているのは、見に来てくれたファンに失礼”という考えがあると聞いています」

     球団関係者は矢野2軍監督の強い意向であることを明かした。この動きは今に始まったことでもない。すでに球界では禁止事項の一つだ。7年前の11年3月の実行委員会で相手チームの選手との会話や雑談を禁止する規則の徹底が確認された。

     また、公認野球規則でも試合前、試合中に監督、コーチ、選手が「相手チームのプレーヤーと親睦的態度を取ること」を禁じている。だが実際は、その規則は形骸化しており、グラウンド上では今まで通りの「なれ合い」が続いている状況。その現状に虎の2軍が一石を投じる。

     「キャンプ前やシーズン開幕前のミーティングなどで、矢野2軍監督の方から話があると思います」

     球団関係者は今春キャンプ前やシーズン開幕前の全体ミーティングで、チームに通達する方針であることを説明した。上下関係を重んじる野球界では、プロに入ってからも学生時代や社会人時代の「先輩と後輩」の関係が踏襲される。

     一端として、試合前のグラウンド上で対戦するチームの選手同士が握手を交わしたり、頭を下げる光景が見られる。敵同士のはずが、試合前は笑顔であいさつ…。矢野2軍監督は若虎に「闘志」を植え付けるべく悪習を完全撤廃する方針だ。

     4日に急逝した星野仙一氏も監督時代から「あいさつ」禁止を選手たちに厳命していた。その闘将イズムにも通じるものがある。今季、矢野2軍は戦う集団となる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000072-spnannex-base

    続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    wnmegnrfjn


    1: 風吹けば名無し 2017/12/29(金) 12:56:31.19 ID:Cb/5cv8K0NIKU.net
    https://www.daily.co.jp/tigers/2017/12/29/0010856359.shtml

     桜宮時代の恩師への感謝の言葉から話題が坂本へと移ると、口調が一気に厳しくなった。

     「ここに、へぼキャッチャーがいます。技術的にはまだまだ。ただ、元気と気持ちと視野の広さという捕手にとって大事なものは持っています。レギュラーになるのは本人次第」

     歯切れのいいセリフに約360人の出席者から大きな拍手が送られ、坂本は神妙な顔つきで聞き入った。

     「チャンスは与えられるが、取れるかどうかは自分次第。自分に厳しくやっていかないと。今年はケガが多かったので、ケガをしないようにやりたい」

     梅野、原口、岡崎らライバルは多い。矢野2軍監督は公開ゲキで、来季3年目を迎える坂本の奮起を促した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ekjhesfgf


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)21:58:08 ID:RaF
    下柳 2.99 15勝3敗 

    金本 .327 40本 125打点

    矢野 .271 19本 71打点

    なんやこのオッサン

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    heroin


    1: 風吹けば名無し 2017/11/11(土) 07:05:22.23 ID:P5yChis3p.net
    ファーム改革第一弾!阪神・矢野2軍監督が10日、来季の2軍戦後に選手同士でのヒーローインタビューを行うプランを披露した。実現すれば、虎党必見のファンサービスになる。

    技術はもちろん、心も鍛える。その方法の1つが選手同士のインタビュー。矢野2軍監督は「ヒーローインタビューで、選手同士でやらしたらどうかなって。
    俺も解説や(テレビの)スポーツコーナーをやっていたけど、聞くってめっちゃ難しいやん! 聞くことを準備していくわけだから、そっちの勉強にもなると思う」と明かした。

    阪神では甲子園開催のウエスタン公式戦後に掛布前2軍監督(現SEA)らがヒーローインタビューに登場して虎党をわかせていた。他チームでは、ソフトバンク2軍がタマホーム筑後での試合後に選手がマイクを持ってファンに語りかける「若鷹スピーチ」が大好評だ。

    「ファンの人も喜んでくれるかもしれんし、(選手同士)お互いが勉強になるんちゃうんかなって。人前でしゃべる機会は作っていったほうがいいとは思ってる」

    実現すれば、施設の関係で甲子園開催でのゲーム限定になりそうだ。試合で結果を出し、言葉でもファンの心をつかむ。“矢野プラン”でファームの若虎の心身を磨き上げる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000024-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ