カテゴリー:春の大山



    このエントリーをはてなブックマークに追加        
ewfrgwgwd

1: 名無し 2019/05/28(火) 12:28:18.41 ID:QPCnPJGea
【ネットで反響】阪神ファンの小5男児が書いた『春の大山』、歌になる

阪神・大山悠輔内野手(24)を応援する気持ちを表現し、ネットで話題を呼んだ詩「春の大山」に曲が付けられ、27日にサンテレビの情報番組「情報スタジアム 4時!キャッチ」(月~金曜、後4・00)で披露された。作曲したのはシンガー・ソングライターのBigfumi(26)。詩の作者で、大阪府内に住む小学5年生の男子児童もスタジオで生鑑賞し「感動で泣きそう。大山選手には、頑張ってくださいの一言です!」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000031-dal-base

6: 名無し 2019/05/28(火) 12:30:07.56 ID:QPCnPJGea
大きな反響を呼んだ詩が、ついに歌になった。「あったかいし6時だ。サンテレビを見よう。西のピッチングに、近本のヒット。でもこれがいちばん、春の大山。ホームランに、ヒット たまにダブルプレイ。まあまだ春だから。春の大山 打つんだ。」-。

語りかけるようなBigfumiの歌声に、詩を作った少年は「歌にしてもらえて、しかもBigfumiさん…。感動で泣きそう」と喜びを抑え切れない様子で聞き入った。

祖父の代からの虎党で、大山のほか俊介、能見らのファン。若き主砲にスポットを当てた理由について「4番になって、最初はネットでヤジられていたが、矢野監督は4番で使い続けて大山選手も打って活躍した。そういうところがいいなと思った」と、素直な気持ちをつづったという。

作品が生まれたのは「春」をテーマにした詩を作る国語の授業。「体言止めや反復法を使ってみた。結構、早くできた」という詩は今月の授業参観日に披露され、少年の母がツイッターに写真を投稿。4万以上の「いいね!」が付き「♯春の大山」というタグ付け投稿が流行するなど、ブームとなっている。

これまで梅野の登場曲「Life」などをプロデュースしているBigfumiは「あったかくていい詩。純粋な言葉を生かしたかった」と少年のセンスを絶賛していた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y05m24d_203509808

2019y05m24d_203518121

2019y05m24d_203619401

2019y05m24d_203606430

2019y05m24d_203622256

512: 名無し 2019/05/24(金) 20:26:20.45 ID:O86sdo8A0
っしゃあああああああああああああああああああああああ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
dwefv

https://twitter.com/Sponichi_Editor/status/1128583423679819776

1: 名無し 2019/05/16(木) 02:48:53.44 ID:SuQ9vbFed
「春の大山。打つんだ」SNS反響の詩に応えた7号

<巨人8-13阪神>◇15日◇東京ドーム

ホームランにタイムリー、春の大山が打った。虎の4番大山悠輔内野手が特大2ランを含む2安打3打点の活躍で、SNSから飛んできた少年のエールに応えた。

木浪の1発などで2点を加えた6回。2死一塁から菅野の127球目、ツーシームを強振。打球は大きな放物線を描き、左翼の4階バルコニー席まで届いた。
「狙い球をしっかり1発で仕留めることができた。東京ドームは1発がある球場。1点でも多く点を取ることが大事。良い流れに乗って自分も打つことができて良かった」

菅野にこの日4本目となる1発を浴びせ、エースをノックアウトした。2回にも適時打を放ち3打点。頼れる若き主砲が、試合を決定づけた。

大山の話題はグラウンド外でも。虎党で大山を応援する小学生が「春の大山」と題して学校で読んだ詩を少年の親がツイッターに投稿。いろんな選手が登場する中、大好きな大山の活躍を小気味良いリズムで描写し、愛と期待が詰め込まれている。12日深夜に投稿された同ツイートは3万5000件以上の「いいね」が押され、阪神公認の栄養ドリンクを販売する会社が反応。投稿者の元に大山ら選手の特製ポスターがプレゼントされた。

詩にはこうある。「これがいちばん、春の大山。打つんだ」。少年の思いが現実となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-05151170-nksports-base

続きを読む

このページのトップヘ