カテゴリー:上本博紀

    このエントリーをはてなブックマークに追加
e04wjf34

1: 名無し 2018/10/20(土) 00:10:42.33 ID:Em+rubgR0
国内フリーエージェント(FA)権を取得する見込みの上本博紀内野手(32)が19日、鳴尾浜で汗を流した。矢野燿大新監督(49)から就任発表翌日の16日に、残留希望の熱意を直接伝えられたことについて「ありがたい」と感謝。
特例措置によって今オフに初取得見込みだが、今後もリハビリと並行して熟考を重ねる。真っ先に飛んできてくれたことがうれしかった。悩める上本が、残留交渉に臨んだ矢野新監督の誠意に感謝した。「直接、話していただいたことはありがたいです

監督就任発表翌日の16日、鳴尾浜で自身の考えを尊重してもらいつつ、機動力を絡めた超積極野球に必要不可欠な戦力であることを訴えられた。「スピード感とか躍動感は上本にすごくあるところ。使う側としては、そういう選手がいてくれるっていうのはすごくありがたい。残って欲しい? もちろん」と指揮官。その熱い思いは心に響いたはずだ。

左膝の手術を受け、6月に大阪府内の病院を退院後はリハビリを続けてきたが、特例措置によって今オフに国内FA権を取得見込みだ。上本はリハビリ優先かと問われ「(FA権と)両方です」と話し、権利行使か否かの心境の変化についても 「どうなんですかね。何ともいえないですね」と多くは語らなかった。二塁守備位置で軽めのノックを再開するなど順調なリハビリと並行して、熟考を重ねていく。
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181020/tig18102005020003-n1.html

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加
rormg

1: 名無し 2018/10/16(火) 21:54:49.47 ID:CAP_USER9
阪神の矢野燿大新監督が就任発表から一夜明けた16日、兵庫県西宮市の球団事務所を訪れ、球団幹部と編成面について協議した。この日は5月に左膝を痛め、特例措置でオフに国内フリーエージェント(FA)権を取得する見込みの上本博紀内野手と面談し「監督としては残ってほしいということは伝えた」と残留要請したことを明かした。

上本は今季中に復帰できなかったが、新監督は「スピード感、躍動感がすごくある。チームにとってはすごく必要なタイプ」と高く評価した。
上本は10年目の今季、出場20試合で打率4割2分2厘と好調だった。

サンスポ
https://www.sanspo.com/baseball/amp/20181016/tig18101619460016-a.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
erghjkhugyftdgrsef

1: 名無し 2018/10/06(土) 09:28:25.75 ID:qmhfSlgH0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000026-dal-base

率直な思いを吐露した。タテジマに袖を通して10年。
今季終了後に故障者特例措置で取得見込みのFA権を行使するか否か。
上本が熟考を重ねている。


少しずつ考えないといけないとは思っている段階です

内なる闘志を胸に、迎えた開幕。それでも思いとは裏腹に、つまずいた今シーズンでもあった。歯止めをかけたのは絶頂期の離脱。7試合連続安打を放つなど、開幕から20試合に出場し、打率・422をマーク。大暴れだった矢先の5月5日・中日戦のことだった。

それでも上本は下を向くことなく、リハビリに取り組んできた。そしてついに離脱後初となる屋外でのティー打撃を再開するまでに。「ちょっとずつ…今日も軽くですけどね」と笑ったが、ロサリオらのフリー打撃時には、外野で懸命に白球を追えるほどに回復した。
「先のことはまだ。1週間単位で上げていけるようにいくしかないので」

球団もこれまでの上本の功績を高く評価しており、すでに交渉を開始しているという。
複数年契約を提示していると見られるが、「しっかり考えたい」と上本。

CS進出が消滅した今、来季の巻き返しに欠かせないピースとなるのは間違いない。
迫り来る決断の時まで、思いを巡らせる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
refdkjrgj

1: 名無し 2018/10/05(金) 07:26:32.45 ID:kHGdde3u0


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2oldwp

1: 名無し 2018/07/29(日)23:52:16 ID:mFF
ショートに絶好調の北條
セカンドに散歩マシーン化した糸原

上本故障で泣いてる場合ちゃうで

続きを読む

このページのトップヘ