カテゴリー:今成亮太

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
fj4iutjg

1: 名無し 2019/01/07(月)13:14:15 ID:FLS
今年1月から新たに事業本部振興部に配属されることが決定。昨年4月に開講した、
タイガースアカデミーの専属コーチに就任する。新任のあいさつでマイクを持つと、
「前(にあいさつした)の3人が硬かった、僕は緩めでよろしいでしょうか」と話し始め、「2019年、振興部に入ることになりました今成亮太です。そして今日は、僕の引退会見にお集まりいただき、ありがとうございます!!」と続けた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000053-dal-base


引退でも今成で明るくて良かった

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
no title

1: 名無し 2018/12/31(月) 11:15:21.87 ID:SGAa/h6E0
https://www.newotani.co.jp/osaka/event/imanari/
【1-26日(土)今成亮太退団セレモニートークショ/

今成 糸井 福留に加えてなぜか吉田正尚も参加する模様

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
438uer

1: 名無し 2018/12/18(火) 17:30:28.20 ID:7710XWmu0
阪神から戦力外となった今成亮太内野手(31)が18日、西宮市内の球団事務所を訪れ、現役引退の意向を伝えた。同日、報道陣に対応した谷本球団本部長が明かした。11月の12球団合同トライアウトを受け、今成は「あとは待つだけ。家族とも相談しながら」と話し、NPBでの現役続行を目指していた。今後は未定。

2012年に若竹竜士とのトレードで日本ハムから移籍。本職は捕手も、高い打撃センスで野手としてチャンスをつかみ、14年には主に三塁手として自身最多の115試合に出場した。通算470試合出場、打率・227、6本塁打、68打点。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
349fd

1: 名無し 2018/10/21(日)18:34:24 ID:8eT
阪神から戦力外通告を受けた今成亮太内野手(31)は、助っ人として日本にやってきた外国人選手とよくコミュニケーションを取る姿が印象的だった。2軍担当として取材した昨年、その理由を聞いたことがあった。

昨年夏。甲子園の室内練習場。その日もキャンベルと楽しそうに会話していた。
豊かな表情を見ていると、2人の間に言葉の壁はないように思えた。2016年のオフ、ゴメス退団の話題を振られた際は「いいやつだった」としみじみ語っていた。

なぜ外国人選手と仲良くなれるのか。「外国人は目線がフラットなんだよね。日本だったら先輩後輩の関係があるし、固くなってしまう」。もちろん、日本選手との仲が悪かったわけではなく、今成にとって気を遣わないでいられる存在が助っ人だったようだ。

「特別なことなんて話してないよ」と笑いつつ、「外国人は考えが柔軟というか、決めつけることがない」と、個人の思考や思想を重んじることに共感している様子だった。
そして今成自身も、堂々とポリシーを貫く勇気のある男だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000094-dal-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
1: 名無し 2018/10/07(日) 08:48:49.39 ID:Jdkzp3EK0
まあ予想できたわ
no title

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
1: 名無し 2018/10/06(土) 22:27:17.68 ID:dSjFP2zFp
「ファーム日本選手権、阪神8-4巨人」(6日、サンマリンスタジアム宮崎)

ウエスタン・リーグ覇者の阪神が、2006年以来となる12年ぶりのファーム日本一に輝いた。この日、31歳の誕生日を迎えた今成亮太内野手は「5番・三塁」で先発出場。連打で同点に追いついた直後に、右前打で続き、逆転への道しるべを作った。

【写真】宙を舞った巨人・脇谷 現役最後の打席終え“誤審騒動”振り返る

矢野2軍監督の胴上げが終わると、今度は今成の番と促され、3度宙を舞った。「誕生日だから、あず(小豆畑)が監督にお願いしてくれたみたい。人生初めて、気持ちよかった」と笑顔だった。
no title

なぜか谷川(右)と2人で胴上げされる今成(撮影・坂部計介)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000144-dal-base

続きを読む

このページのトップヘ