カテゴリー:緒方凌介



    このエントリーをはてなブックマークに追加
1q2wdeurgwweq0Wrg


1: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 06:42:25.61 ID:t6DnVaLFp
昨季54セーブのプロ野球新記録をつくったサファテとの対決。2日に昇格したばかりの背番号65が日本一の守護神に立ち向かった。2ボールからの3球目。
外角低めの146キロ直球を狙い澄ましていたかのように振り抜いた。バックスクリーン手前に飛び込む特大ソロ。打者陣がテーマとする速球を打ち砕く、値千金の一撃だった。

中谷、俊介、高山、島田らが火花を散らす「中堅戦争」に堂々と名乗りも上げた。いや、名乗りだけでは済まない。金本監督は大抜てきの可能性を示唆した。
「今日のを見たらね。今おる外野手で、開幕で菅野を打てそうなヤツ、おる? 緒方しか浮かばん。いや冗談抜きで。あるよ。ないことないよ」。
特に序盤は他の若手野手がバンデンハークの速球に苦戦。余計に緒方の一振りが目立ち、6年目で初の開幕オーダー入りに一躍浮上した。

2: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 06:42:51.37 ID:t6DnVaLFp
努力が実った。昨季は1軍出場がなく、今春キャンプも2軍。腐ることなく、バットを振り続けた。その1カ月間に転機も訪れた。タイミングの取り方に悩んでいた時だ。
14年6月15日の西武戦でプロ2号を放った映像を見た浜中2軍打撃コーチから当時のように右足を内に入れるフォームに戻すことを勧められた。

 「“(右)足が内に入っていた。戻してみたら?”と。タイミングが全然、取れていなかったので“戻してみます”となって、そこからよくなりました

2軍では実戦6試合で19打数12安打、打率・632、1本塁打、4打点、5盗塁。1軍切符を勝ち取り、今回の博多遠征に乗り込んだ。そして、代打での1打席を生かした。
「自分は他の野手より厳しい立場。1打席1打席で結果を残さないと生き残れない。今日はよかったです」。遠投120メートルの強肩と50メートル走5秒8の俊足も兼ね備え、一気に中堅のレギュラーまで駆け上がる可能性と能力を秘めている。(惟任 貴信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000008-spnannex-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mvnfhbnskb


1: 風吹けば名無し 2018/01/15(月) 09:20:08.93 ID:9sqef7v2p
澄み切った青空と同じように、一切の迷いは消えていた。6年目シーズンを迎える阪神・緒方凌介外野手(27)が、
背水覚悟で最後の大勝負に挑む決意を自主トレ地の沖縄で語った。目指すは「角中打法」。2度の首位打者を獲得したロッテの主軸を参考に、打撃スタイルを一新して臨む。

きっかけは昨年の秋季キャンプだった。PL学園の先輩、片岡ヘッド兼打撃コーチに呼ばれた。「お前は足があるんやから。1球でも多く投手に投げさせ、しぶとく生きていくのも大事じゃないか」。
公称176センチと小柄ながら、東洋大では4番も務めるなど飛距離も魅力だった。緒方は言う。

「中途半端なプライドは捨てて率を求める。1球でも多く粘って、いやらしく食らいついていく」。参考にするのは「天才」と称される角中の打撃だ。
動画サイトのYou Tubeで打撃フォームを研究。「バットを短く持つのも一つです。どんな時でもバットを放さない」と秘策を語る。

和田前監督、掛布前2軍監督らも高く評価する逸材。走攻守に秘めるポテンシャルは高い。今年の漢字には「気」と書いた。
「強い気持ちを持って。元気に、根気強くやっていく。今年がダメなら後がないと思ってやっていますし、危機感しかない」と緒方。人生の岐路に立つ27歳が、ラストチャンスに懸ける。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000047-dal-base

続きを読む

このページのトップヘ