カテゴリー:緒方凌介

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し 2018/11/10(土) 09:25:45.64 ID:ok9dU7pn0
一軍経験無くても球団職員になれるんやで
no title

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加
67743

1: 名無し 2018/10/30(火) 17:04:12.56 ID:roGhcm6R0
阪神は30日、小豆畑眞也捕手(30)、緒方凌介外野手(28)に戦力外通告を行った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000532-sanspo-base

282: 名無し 2018/10/30(火) 17:20:52.26 ID:pfKY8Ry0a
小豆畑は2012年度のドラフト4位で入団。2013年には1軍キャンプに抜てきされるなどしたが、通算6年間で1軍出場はなかった。今後については「未定」とした上で、球団に対して感謝を口にした。

「覚悟はしていたんですけど、こういうタイミングだったので。家族と相談しながら決めていきたい。プロに挑戦する権利、可能性をいただいた球団には感謝しています。僕の中でこの6年間は、すごく大きな6年間になりました」

295: 名無し 2018/10/30(火) 17:21:46.59 ID:pfKY8Ry0a
また、緒方は2012年度のドラフト6位で入団。東洋大4年時に受けた右膝手術の影響で、別メニューからのプロスタートとなったが、初年度の4月30日に1軍昇格。俊足巧打の外野手として、2軍監督なども務めた掛布雅之シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)らからも高い評価を受けたが、プロ通算51試合の出場に終わった。今季の1軍出場はなかった。

現在はみやざきフェニックス・リーグ中に、古傷の「右膝関節のねんざ」を発症し、リハビリ中。今後については「膝もこういう状態なので。家族と相談するんですが、僕の中では一区切りつけたいと思っています」とし、現役引退の意向を明かした。その上で球団、ファンに感謝を口にした。

「手術した自分を取っていただき、プロに導いてもらった。タイガースには感謝しています。一番はどんな状態でも応援していただいたファンの方に、申し訳ないですし、感謝の気持ちでいっぱいです」

307: 名無し 2018/10/30(火) 17:22:32.32 ID:pfKY8Ry0a
球団は今月1日に西岡剛内野手、同4日に山本翔也投手(29)同7日には今成亮太内野手(31)、西田直斗内野手(25)に戦力外を通告している。今成は現役続行を希望。トライアウト受験も視野に入れる。西田は「これから考えたい」とし、現役引退の可能性も示唆している。退団者はこれで6人になった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000089-dal-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1q2wdeurgwweq0Wrg


1: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 06:42:25.61 ID:t6DnVaLFp
昨季54セーブのプロ野球新記録をつくったサファテとの対決。2日に昇格したばかりの背番号65が日本一の守護神に立ち向かった。2ボールからの3球目。
外角低めの146キロ直球を狙い澄ましていたかのように振り抜いた。バックスクリーン手前に飛び込む特大ソロ。打者陣がテーマとする速球を打ち砕く、値千金の一撃だった。

中谷、俊介、高山、島田らが火花を散らす「中堅戦争」に堂々と名乗りも上げた。いや、名乗りだけでは済まない。金本監督は大抜てきの可能性を示唆した。
「今日のを見たらね。今おる外野手で、開幕で菅野を打てそうなヤツ、おる? 緒方しか浮かばん。いや冗談抜きで。あるよ。ないことないよ」。
特に序盤は他の若手野手がバンデンハークの速球に苦戦。余計に緒方の一振りが目立ち、6年目で初の開幕オーダー入りに一躍浮上した。

2: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 06:42:51.37 ID:t6DnVaLFp
努力が実った。昨季は1軍出場がなく、今春キャンプも2軍。腐ることなく、バットを振り続けた。その1カ月間に転機も訪れた。タイミングの取り方に悩んでいた時だ。
14年6月15日の西武戦でプロ2号を放った映像を見た浜中2軍打撃コーチから当時のように右足を内に入れるフォームに戻すことを勧められた。

 「“(右)足が内に入っていた。戻してみたら?”と。タイミングが全然、取れていなかったので“戻してみます”となって、そこからよくなりました

2軍では実戦6試合で19打数12安打、打率・632、1本塁打、4打点、5盗塁。1軍切符を勝ち取り、今回の博多遠征に乗り込んだ。そして、代打での1打席を生かした。
「自分は他の野手より厳しい立場。1打席1打席で結果を残さないと生き残れない。今日はよかったです」。遠投120メートルの強肩と50メートル走5秒8の俊足も兼ね備え、一気に中堅のレギュラーまで駆け上がる可能性と能力を秘めている。(惟任 貴信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000008-spnannex-base

続きを読む

このページのトップヘ