カテゴリー:監督・コーチ

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
3-gk3w

1: 名無し 2019/04/21(日) 17:41:23.90 ID:CFgeipFvM
阪神、巨人に開幕から6連敗…単独最下位転落 矢野監督「俺の責任」

阪神が巨人に0―3で敗れて2試合連続の零敗を喫した。カード3連敗で開幕からの巨人戦は6連敗。
同率5位だった広島が勝ったため、単独最下位に転落した。

先発の西が7回2失点と力投するも打線が援護できず。
巨人先発・メルセデスから6回まで毎回走者を出しながらも決め手を欠き、7回無失点に封じられた。8回は中川、9回はクックからも、得点を奪えなかった。

平成最後の伝統の一戦を勝利で飾れず。
矢野監督は「それはもう強く持って戦っているけど」と打倒・宿敵への思いを口にしたあと、
その中で結果が出ないのは監督として俺の責任」と話した。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/21/kiji/20190421s00001173347000c.html

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
3erfuhjeqa

1: 名無し 2019/04/20(土) 09:47:50.31 ID:+lbrjKK/0

2: 名無し 2019/04/20(土) 09:48:15.54 ID:+lbrjKK/0
◆阪神4―12巨人(19日・甲子園)

糸井が阪神移籍後初、日本ハム時代の09年9月12日のロッテ戦(札幌D)以来の2番で出場した。開幕から全18試合3番起用だったが、菅野から2安打を放つなど今季初の猛打賞も、チーム全体では機能しなかった。

8回1死二塁では大山のフェンス直撃の打球を“怠慢走塁”で本塁タッチアウトとなり、矢野監督は「嘉男(糸井)の足やったらもちろんかえってこないとあかんし」と苦言を呈した。

no title


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
mrfjkmewq

1: 名無し 2019/04/19(金) 11:05:57.38 ID:CRD41b6mp
◆ヤクルト3―13阪神(18日・神宮)

阪神・矢野監督が、鬼采配で大勝につなげた。4点リードの3回1死一、三塁。木浪に代えて上本を打席に送った。犠飛でリードを広げて大きな1点になったが、試合後、ゲーム序盤での交代を指揮官は冷静に説明した。

まあ俺、やることやらん選手とか、あきらめるような選手使いたくないから。まああそこで(木浪が)前の打席三振しても走らないというところは、まあ俺としては、あのチャンスで『それやったら上本やろう』と。というところで代えた」

初回の1死二、三塁。木浪は変化球に空振り三振に倒れたが、相手捕手は取り損ねた。にもかかわらず、木浪は振り逃げを狙わずに一塁への全力疾走を怠っていた。

19日からは本拠で平成最後の伝統の一戦を迎える。2~4日の敵地での3連戦はまさかの3連敗を喫した。
「チャレンジしていくしかないしね。どんどん向かっていって、バットを振っていって、しっかり走って。やれることをしっかりやっていくことが基本だしね」と雪辱を誓っていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000022-sph-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
098ygbfd4

1: 名無し 2019/04/16(火) 22:05:38.53 ID:RvywTSB+9
◇セ・リーグ ヤクルト9―5阪神(2019年4月16日 松山)

首位を走るヤクルトとの勢いの差は歴然だった。松山でのヤクルト戦は5連勝中と好相性を誇った阪神だったが、終わってみれば5―9と大敗。先発マウンドに上がったオネルキ・ガルシア投手(29)の乱調が大誤算だった。矢野燿大監督(50)は試合後、ガルシアについて
もう3回目やからね。抹消する。今のまま投げてもね、いいボールがでそうな感じもないんで、いったん抹消して」と話した。

初回に2点を先制してもらった左腕だが、その初回に太田と青木に連打を許すと、山田とバレンティンには連続四球。押し出しで1点を献上した。続く雄平の遊ゴロの間に1点を失うと、さらに続く2死一、三塁のピンチで村上に右翼席へ痛恨の3ランを被弾。いきなり5点を失った。

2日の巨人戦で4回7失点、9日のDeNA戦も4回7失点と精彩を欠いた左腕。この日は1回1/3でマウンドを降りた。これで3試合連続の7失点と背信KOが続く。またしても首脳陣の期待を裏切り、このままでは2軍降格も免れない状況だ。

初回に4番・大山と6番・ナバーロの適時打で2点を先制したものの、2回以降はヤクルト先発・原の前に打線がつながらない。2回は先頭の木浪が左翼へ二塁打を放ったが、後続が凡退。6回は先頭の福留が左翼フェンス直撃の二塁打でチャンスを広げ、1死三塁から梅野の二ゴロの間に3点目のホームを踏んだ。4回に先発全員安打を記録したヤクルト打線とは対照的だった。好相性を誇った松山の地。矢野阪神が首位との力の差を見せつけられ、大敗を喫した。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000174-spnannex-base

続きを読む

このページのトップヘ