カテゴリー:監督・コーチ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
4rewfrgf

1: 名無し 2018/10/16(火) 04:06:28.23 ID:N/bX3aEcd
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00362996-nksports-base

阪神福原忍2軍投手コーチ(41)、藤井彰人2軍バッテリーコーチ(42)、藤本敦士2軍守備走塁コーチ(41)の1軍コーチ昇格が15日、内定した。

3人は今季ファームで矢野2軍監督とともにチームを日本一に導いたメンバー。1軍でも勝者のエキスを若虎たちに注入し、猛虎復活をサポートする。

福原コーチは、来季こそ完全復活を期待される藤浪の指導役としても打ってつけの存在。今季は制球難に苦しむ藤浪の指導を2軍の鳴尾浜球場で根気強く続け、シーズン終盤の復調をアシストした。

また、1軍ヘッドコーチ格には楽天の清水雅治1軍外野守備走塁コーチ(54)を招へいするプランが急浮上した。清水コーチは今季限りでの楽天退団が決定的となっている。現役時代は中日在籍時、矢野新監督が信頼する先輩の1人だった。引退後は西武、日本ハム、ロッテ、楽天でコーチを歴任。日本代表の稲葉ジャパンでは外野守備走塁コーチも務めている。

矢野新監督誕生を受け、球団は急ピッチで組閣を進めていく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
yanoshunin

1: 名無し 2018/10/15(月) 15:00:04.64 ID:CAP_USER9
阪神・矢野燿大2軍監督(49)が15日、兵庫・西宮市内の球団事務所で取材に対応。監督要請を受諾し、来季から1軍監督を務めることを発表した。
以下一問一答。

 ◇

「いろいろ考える時間をいただきましたけど、タイガースの監督をやらせてもらうことになりました」

--一番のきっかけ、決め手は

「本当に悩んだんですけど、逃げてやらない後悔よりも、やってみるべきだなと思いました」

--具体的に悩んだ部分は

「もちろん家族もそうですし、今年の金本監督の大変な姿を見ていたので。このタイミングでというのはすごく悩むタイミングではありました。タイガースの監督の責任の重さというのもあって、悩みました」

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000532-sanspo-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4eoijgeiohguiwehihdirgheduhdwoju8ehbgioh

1: 名無し 2018/10/15(月) 09:09:54.19 ID:U7zy9I3S0
阪神は14日、片岡篤史1軍ヘッド兼打撃コーチ(49)から辞任の申し入れがあり、受理したことを発表した。
片岡コーチは金本監督が就任した16年に1軍打撃コーチとして入閣。ヘッドコーチを務めた今季は、チーム打率2割5分3厘、577得点はともにリーグ5位にとどまっていた。シーズン最終戦だった13日の中日戦(ナゴヤD)では、試合後に「悔しいし、申し訳ないシーズンでした」と発言。金本監督が続投した場合には、来季から2軍監督に配置転換される予定だった。

https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181014-OHT1T50302.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
yanoshunin


阪神の新監督候補として、球団から就任要請を受けていた矢野燿大2軍監督(49)が15日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を開き、正式に受諾する意向を明かした。

いろいろ悩みましたけど、タイガースの監督をやらせていただくことにしました

今月11日、金本知憲監督(50)の電撃辞任が決まり、球団は後任候補として矢野2軍監督に一本化。フェニックス・リーグに参加し、指揮を執っていた13日、宮崎市内で揚塩健治球団社長(57)から、正式に就任要請を受けていた。だが、同2軍監督はこの時点で態度を保留。14日の朝、一時帰阪し、家族らにも相談。その上で同日に球団事務所で再度、交渉の席に着いていた。

その後、取材にも対応し、「球団からお願いしたいという気持ちはすごく伝わっている」とした上で、受諾か否か揺れる心を明かしていた。「あまりにも時間がなさすぎて。でも明日、結論を出す」と自ら期限を決め、最終的には就任する覚悟を決めた。

金本監督の電撃辞任からわずか4日、矢野新監督の誕生となった。今シーズン、17年ぶりに最下位に転落したチームは、来季の再浮上に向けて課題は山積み。ファームを12年ぶりに、日本一に導いた手腕に期待が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00010001-spht-base


続きを読む

このページのトップヘ