カテゴリー:ロサリオ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: 名無し 2018/06/22(金) 06:16:34.30
 「ウエスタン、阪神8-2オリックス」(21日、鳴尾浜球場)

阪神の金本知憲監督(50)が21日、鳴尾浜で行われたウエスタン・オリックス戦を視察した。「4番・一塁」で4打席に立ったウィリン・ロサリオ内野手(29)の状態を確認したが、22日・広島戦からの1軍昇格は時期尚早と判断した。

ロサリオについて「1軍と2軍では攻め方も違うしな。もう少し、(2軍で)見ましょう」と評した金本監督。6月2日の出場選手登録抹消後、ファームで結果を残し、22日からの広島戦で昇格候補の1人に名前が挙がっていた。
指揮官自ら急きょ、鳴尾浜へ足を運び最終チェックを行ったが、内容は乏しかった。

タイミングの取り方を変え、下半身主導で打ちに行くような意識は見えた。だが第1打席は先制タイムリーにこそなったが、直球に詰まらされた打球が中前に落ちただけ。第2打席は変化球を打ち損じて中飛に倒れた。

第3打席はカウント2-2から落ちる変化球に空振り三振。第4打席も直球に差し込まれての遊ゴロだった。ボール球の変化球には手を出していなかったが、キャンプ時のようなスイングに戻っていないのが現状だ。

 今後はファームの新潟遠征に帯同する予定。「感触的にはよかった。結果抜きにして、積極的にいけたと思う」と言ったロサリオ。1軍の舞台に戻るにはまだ時間が必要だ。

2: 名無し 2018/06/22(金) 06:16:50.08

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加
03w48tjge4r

1: 名無し 2018/06/21(木) 08:10:46.52
2軍調整中の阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)が、早ければ22日の広島戦(甲子園)から1軍に昇格する可能性が20日、浮上した。21日のウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)が最終テストになる予定。復調気配漂う大砲がリーグ戦再開後のキーマンになる。

もうちょいやね」。金本監督はこの日、助っ人の復帰が近いことを明かした。2軍首脳陣は既にGOサインを出し、1軍に推薦している状況だ。今月3日の抹消後、2軍戦8試合に出場。打率・333、2本塁打、7打点と結果を残した。

チームは新外国人としてナバーロを獲得。就労ビザが取得できれば、即1軍昇格の可能性もある。R&N砲がそろって活躍できれば、リーグ優勝に向けた後半戦の大きな戦力だ。リフレッシュ期間を経た助っ人に、攻撃陣の救世主として期待が掛かる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000020-dal-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
kndm kgnrdsfkgb me@sr

1: 名無し 2018/06/18(月) 07:19:21.54
矢野「もう1軍に上げていいで」

続きを読む

このページのトップヘ