ちな虎やが

阪神タイガースの情報やネタ(2ちゃんねる等)をまとめています。

    カテゴリー:な阪関無

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    svgbdsjhgjhg


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/15(月)02:53:56 ID:lYK
    334本

    3 3 4 本

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E8%B0%B7%E6%AC#年度別打撃成績

    続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/30(土)17:53:59 ID:oxS

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/12/21(木) 06:59:19.89 ID:OTpMNjYx0.net
    「驚くべき数字が出ましたよ。『金本以上』かも」
    何の話かと言えば、球団が11月に全選手に対して行ったメディカルチェックで福留孝介(40)が残した数字である。
    「ベテランはまず脚、続けて目から衰えていくとはよく言いますが、福留選手の場合は瞬発力に関わってくると言われる脚部の数値が軒並み30代前半の水準。
    動体視力にも全く衰えが見られず、周辺視野の性能を示す数値に至っては並み居る若手を抑えて球団内でもトップの数字だったんです」
    そう興奮気味に語るのは取材に応じた球団メディカルスタッフだ。
    「送球に関わる筋肉や靭帯の強さにはやや衰えてが出ていますが、走力やバットコンタクトに関わる部分の数字は未だ一級品です。
    単純な数字で全てが決まる訳ではありませんが、ほとんどの項目で金本選手が40歳の頃よりも良い数字を叩き出している。このままなら50歳まで現役も行けるんじゃないですか?」
    特別に公表してもらったデータを見てみると、確かに素晴らしい数字が並んでいる。以下に示す図で、その「驚愕の数字」を確認してみよう。

    no title


    おわかり頂けたであろうか?
    2005年の阪神タイガースは実に日本シリーズ4つの試合で30代前半の失点を喫しているのだ。それでいて得点はわずかに4点。まさに「驚愕の数字」である
    この歴史的大惨敗の記憶は、福留が50代になる日が来ても語られ続けるに違いない。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/30(月)19:33:30 ID:Xm6
    今年の貯金×引き分け数+消化ゲーム数+本塁打数+一位とのゲーム差=334

    17×4+143+113+10=334

    やっぱり逃れられないカルマなんやね(ゲッソリ)

    続きを読む

    このページのトップヘ