カテゴリー:梅野隆太郎

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
99956ju

1: 名無し 2019/02/16(土) 09:06:36.05 ID:jPtkTTBPp
【阪神・矢野監督語録】梅野の送球に安定感も「それがすごいとかは別に思わない」

▼梅野の送球 強さもあったし、コントロールも一番安定していたと思う。
だけど、それがすごいとかは別に思わない。試合になればもっと難しい。
邪魔されたりとか、球も速いし、曲がったりとか、今日のであそこで投げられるのというのは試合で、たとえばリュウ(梅野)だったらあれぐらいやったら、当たり前という感じじゃないかなと思う。あれを「いいぞ、いいぞ」というレベルでは、まだ控えかなという感じがする。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000083-spnannex-base

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
eriejg

1: 名無し 2019/02/16(土) 07:03:47.91 ID:+5Ys9SQ50
007、ビビらせた!! 
阪神・梅野隆太郎捕手(27)が15日、「スチール練習」で6回のうち4回、盗塁を刺した。視察に訪れた他球団のスコアラーの前で自慢の強肩を発揮し、「いいスローイングができた」と手応え。右手首痛から復活してきた正捕手筆頭候補がアピールに成功だ。

黄金の賞に恥じない、貫禄の強肩だ。流れるような動きで、矢のような送球が伸びていく。スチール練習で梅野が6回中、4回の盗塁阻止に成功。安定感あふれるスローイングでアピールした。

「ベストに近いボールを中盤から後半にかけてだいぶいいスローイングができた。ラインを外さないことを意識しました」

俊足自慢の選手たちに受けて立った。植田、江越には2度成功を許したが、ベースラインを外さない。捕球から送球への素早い動作、正確性や力強さ…。ゴールデングラブ賞を獲得した昨季からさらなる進化をみせ、球場から拍手を起こしてみせた。

捕手出身の矢野監督は「リュウ(梅野)だったらあれぐらいやったら、当たり前という感じじゃないかな」と話した。けん制球もなく、スタートを切ってくることがわかっている状況。ましてや捕手が梅野なら、アウトにして当たり前というわけ。それでも“試運転状態”での安定感に、うなったのが他球団のスコアラー陣だ。

「うちも警戒されていることを承知して、その中で勝負を挑んでいかないといけない相手。脅威です」

広島・田中スコアラーが“梅ちゃんバズーカー”を警戒した。技術面についても「いつも安定している。スライディングしてくるところに正確なボールがいっている」と評価。
昨季セ界3連覇を果たし、リーグトップのチーム95盗塁を記録した鯉の007をビビらせた。同じく視察したDeNA、中日も梅野を高く評価。今年も自慢の肩で、虎党も投手も喜ばせたい。

「全球団、同じようにやっていきたい。勝負どころでの一発が大事になってくると思う」

刺せば刺すほど、目標に近づく。ひとつしかない正妻の座は、絶対に譲らない。

2: 名無し 2019/02/16(土) 07:04:02.94 ID:+5Ys9SQ50

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
ummme

1: 名無し 2019/01/29(火)15:44:52 ID:ZZN
梅野隆太郎(24) .239 33安打 4本 18打点
梅野隆太郎(25) .135 12安打 0本 4打点
梅野隆太郎(26) .206 58安打 2本 33打点
梅野隆太郎(27) .259 100安打 8本 47打点

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
r0l6t

1: 名無し 2019/01/26(土)19:09:44 ID:jmr
阪神・梅野が25日に沖縄での自主トレを打ち上げて帰阪し、大腸がんを公表した原口にエールを送った。

突然のことで、本当にびっくりした。まずは体が良くなること、それが一番だと思う。今は治療に専念してもらって、またグラウンドで一緒にプレーできる日が一日でも早く来れば…と思う

秋山らと同様、前日24日に病気を公表する前に原口本人から連絡をもらって事実を知った。年齢だけでなく、ポジションも同じ捕手の梅野にとっては春季キャンプで正捕手を争うはずだった最大のライバル。そして、何よりも同世代としての固い絆がある。  「チームに同世代は多いし、(原口とは)ずっと1軍でもやってきてるので。グッチが戻って来た時に自分たちみんなが1軍にいられるようにしたい。同世代の1人も欠くことはできないので」

くしくも今回の沖縄自主トレでは同世代の岩貞、岩崎、陽川と約2週間にわたって汗を流してきた。思い描いたのは自分たちの世代が中心を担って猛虎を優勝へと導く未来図だった。もちろん、そこに背番号94もいると信じて――。秋山も含めて「花の91年組」が今こそ結束する時だ。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/26/kiji/20190125s00001173511000c.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
DwtMCa7UUAAMRfn

506: 名無し 2019/01/12(土) 20:05:00.86 ID:HV6LVQf/0
梅野もすごいぞ

続きを読む

このページのトップヘ