カテゴリー:青柳晃洋

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y05m21d_211400024

1: 名無し 2019/05/22(水) 03:20:56.22 ID:PEvIF36Wd
虎のエースや

防御率2.01(リーグ3位)
8試合 49.1回 4勝3敗
併殺12(リーグトップ)
no title

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
dkjfwue

1: 名無し 2019/05/14(火) 08:28:07.85 ID:e2PGZy1d0
青柳&岩田で坂本勇“封G”や!セ界記録止める 矢野監督「投手が頑張らないと」
https://www.daily.co.jp/tigers/2019/05/14/0012327914.shtml
14日の巨人戦(東京ドーム)に先発する阪神・青柳晃洋投手(25)が13日、甲子園で行われた指名練習に参加。同戦の連敗ストップを誓った。カギになるのは、開幕から36試合連続出塁中の2番・坂本勇封じ。通算対戦成績で被打率・133と好相性を誇る。初回のマウンドに重きを置き、チームに流れを呼ぶ快投を目指す。また、2戦目に先発予定の岩田稔投手(35)も、G打線封じに意欲を語った。

大事な一戦を託された青柳は、ローテ投手の自覚を口にした。相手は6戦全敗中の巨人。意識し過ぎることはないが、胸に秘めるのはリベンジの思い。伝統の一戦を制し、新たな勢いを生み出したい。

巨人に勝ってないというより、ここ2試合負けている。流れを切れるように。自分自身としても、やり返す気持ちでやっていく

今季初登板となった4月3日の巨人戦(東京ドーム)。5回4失点で敗戦投手となった。相手は首位チーム。当然、好打者が並ぶ打線だが、中でもカギを握るのが2番・坂本勇だ。開幕から36試合連続出塁でリーグ記録を更新。出塁を許せば、敵地が沸く。

対戦成績は通算15打数2安打、5奪三振。被打率・133と好相性を誇る。「いい打者なので。記録も超えていますし、特に意識することはないです」。必要以上の警戒心は持たないが、「誰に対してもヒットを打たれるのは嫌です」と強い思いがのぞく。特に坂本勇は初回に、3試合連続安打中。第1打席をしっかり封じることで、流れを呼び込む。

「立ち上がりを3人で抑えられたらベスト。チームが勝てるように投げたい」。意気込む右腕に次いで、2戦目に登板するのは岩田だ。「青柳が頑張ってくれる。流れに乗っていきたい」。4試合で1勝0敗、防御率1・30と安定感が光る。巨人戦は今季初登板。対戦打率・350の坂本勇だけでなく「みんないいバッター。目の前の打者を全力で抑えたい」と前を向いた。

矢野監督も「キーになる選手」として、封じ込むことを願う。「もちろん、そりゃあ止めたい。まずは投手が頑張らないといけない」。青柳に岩田と好調な2投手で連勝を狙う。今後、上位との対戦が続くだけにストップ・ザ・坂本勇で、まずは宿敵相手の連敗を止める。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
yh4ewffgr

「ヤクルト-阪神」(6日、神宮球場)

2試合連続の快投とはいかなかった。阪神の先発・青柳晃洋投手が4回4失点で無念の降板となった。

前回登板の4月29日の中日戦(ナゴヤドーム)でプロ初完封を挙げた青柳。「前回は経験と自信にはなりましたけど、この次がより大事になる」と気合を入れてマウンドへ上がった。

だが初回にいきなり自らのエラーでピンチを招き、先制点を与えた。先頭の太田が試みたセーフティーバントがピッチャーの目の前へのゴロに。これを青柳が一塁へ悪送球。ボールがファウルグランドを転々としている間に太田は三塁へ向かい、いきなり無死三塁に。続く山崎には左前適時打を浴びて、まず1失点。さらに1死二、三塁で雄平に左翼へ犠飛を運ばれ2点目を奪われた。

その後は立ち直ったかに思えたが、四回には村上に9号2ランを浴びてしまう。結局、五回の打席で代打に鳥谷を送られ、4回73球、4失点(自責点は2点)で降板。3勝目はならなかった。

2位・ヤクルトに1ゲーム差と迫って迎えた直接対決。今季2度目の4連勝を狙う阪神だが、苦しい展開に持ち込まれた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000111-dal-base

307: 名無し 2019/05/06(月) 19:23:19.54 ID:+takwnIU0
もう替えるか青柳

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y04m29d_173557526

1: 名無し 2019/04/30(火) 11:52:59.97 ID:NxI/wyHwa
阪神の4年目右腕・青柳晃洋投手(25)が29日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発し、
2勝目をプロ初完投初完封勝利で飾った。

今季2度目となる中5日登板で何度かピンチを招いたものの、終わってみれば129球の熱投ショー。「しんどかったです。8回のピンチの時は(マウンドに)行く前に矢野監督から『任せたぞ!』と言ってもらえたので、自信を持って投げられた」と指揮官の期待に応えた。

平成では今回がラスト登板。
この日は同じ平成生まれの大山悠輔内野手(24)が先制の6号ソロで青柳を援護したとあって
平成(世代も)まだまだこれからなんで。令和になっても平成の選手が頑張ります!」と笑顔でアピールした。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1371666/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
2019y04m29d_173557526

1: 名無し 2019/04/29(月) 22:10:16.56 ID:xf6R6YdV0NIKU
-9回に満塁で打席を迎えたところは迷ったか

矢野監督 迷ったね。ただ俺のなかで「青柳に任せたい」という気持ちの方が強かった。(代打で)鳥谷出して点を取って、後ろの投手に任せる方がいい選択肢も、もちろんある。結果から振り返った俺の反省としては、それはある。でも、青柳に任せてやりたいっていう気持ちとのてんびんなのよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-04290840-nksports-base

続きを読む

このページのトップヘ