カテゴリー:糸井嘉男

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
r0t4tt

1: 名無し 2019/03/15(金) 18:30:45.77 ID:+yyo3WF2p
“貧打線”にあって、若き大砲の成長は絶対に欠かせない。阪神・大山悠輔内野手(24)が13日の中日とのオープン戦(ナゴヤドーム)で、中越え2ランを含む2安打。“生え抜きの4番”にこだわる矢野燿大監督(50)の期待にようやく応えた。

試合前までオープン戦打率1割台。揚げ句、先週末に招集された侍ジャパンのメキシコ戦で死球を受け、踏んだり蹴ったり。それでもこの日の4回、ベテラン・吉見の変化球を振り抜きフェンスオーバー。「自分のいい点(ミートポイント)で打てた。そこはよかった」と振り返った。

はやプロ3年目。本拠地甲子園には浜風が吹き左打者に不利なだけに、右の大砲の成長が待望されている。その重要なポジションに大山を推すのは、ベテランの糸井嘉男外野手(37)。「4番を打てるポテンシャルは以前からある。アイツなら30発はイケる」と断言する。

“虎の超人”の異名を取る糸井がそこまで推す根拠は大山が昨年9月に記録した、月間打率・415、9本塁打にある(昨年トータルは打率・274、11本塁打)。

日本ハム時代の後輩で長距離砲の中田を引き合いに「あんだけ“確変”できたんやし、やれるよ。いい意味であか抜けて、もっと豪快な攻撃をせなアカン。でもまあ、(中田)翔も意外にノミの心臓やったりもするから、そこはうまくバランスを取ってね」と期待を寄せる。

開幕が近づく中での一撃に、矢野監督も「中軸がしっかりしてくれると、チームの安定感にもつながる」とうなずいた。(山戸英州)

関連記事

2: 名無し 2019/03/15(金) 18:31:05.06 ID:+yyo3WF2p

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
yujkju

1: 名無し 2019/03/09(土) 10:41:29.75 ID:8/Dj5Obcp
阪神糸井嘉男外野手(37)が8日、実戦出場は16日の西武戦(甲子園)以降になる見込みを明かした。5日の守備練習で足を滑らせ、その後はグラウンドに姿を見せていなかった。
この日も室内で調整していたが、野手練習が始まって約1時間半後、グラウンドに現れ外野をジョギング。ダッシュやキャッチボールも行い、西がマウンドから投球練習をしたときは、打席に入って目慣らしもした。

【写真】ボール拾いのアルバイトをする當真君とハンデ戦のポール走で競走

糸井は「炎症があるから(復帰は)5月?」と笑わせたが、「(足を)ひねって。新しい傷というより古傷」と説明。痛めたのは右膝付近とみられる。
「出ろと言われれば出られるけど、100%じゃない。(実戦出場は12日からの)名古屋(中日2連戦)からと思っていたけど、その次あたりから」。16日からの西武2連戦での戦列復帰をイメージしている。

2: 名無し 2019/03/09(土) 10:41:49.67 ID:8/Dj5Obcp

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
fkek9

1: 名無し 2019/03/08(金) 06:28:57.83 ID:fG/k4B8e0
【阪神】糸井、初実戦先送りも 清水ヘッドコーチ「炎症があるみたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000330-sph-base
阪神・糸井嘉男外野手(37)の今季初実戦が遅れる可能性があることが7日、分かった。

5日の守備練習中に足を滑らせ、6日に続いてこの日も甲子園室内で別メニュー調整。12日の中日とのオープン戦(ナゴヤD)で初出場する予定だが、清水ヘッドコーチは「ちょっと炎症があるみたい。ひょっとしたら行けないかもしれない」と説明。大事を取って受けた検査結果は軽症で、同コーチは「本人が行きたいと言えば連れて行く」と付け加えた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
refihjd

1: 名無し 2019/02/09(土)20:21:59 ID:iLk
マシン相手の打撃練習で“剛速球対策”
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190209/tig19020919470012-n1.html

4: 名無し 2019/02/09(土)20:24:46 ID:PIC
プロ野球阪神は9日、沖縄・宜野座の1軍キャンプ第3クールがスタート。
糸井嘉男外野手(37)が室内でのマシン相手の打撃練習で“剛速球対策”を行った。

「クソ速かったッス」。

マシンのレバーを自ら操作して球速アップ。うなりを上げながら放たれたボールに思わず「はえ~」とビックリだ。それでも約50分打ち込み、ドーム内に乾いた音を響かせた。球団関係者によると、マシンは通常130~140キロに設定されているといい、今回は150キロ以上のスピードが出ていたとみられる。また、糸井はこの日、今キャンプ自身初となる屋外での外野ノックに参加した。

続きを読む

このページのトップヘ