カテゴリー:糸井嘉男



    このエントリーをはてなブックマークに追加
wewf3f

1: 名無し 2018/09/30(日) 05:20:33.72 ID:tCNMwCHYp
阪神・糸井嘉男外野手(37)が29日、左肩腱板部分損傷のため、出場選手登録を抹消された。2週間ほどの安静が必要で、今季残り11試合の出場は絶望的。北條(左肩亜脱臼)、原口(左手第5中手骨骨折)、藤川(右肘痛)らに続き、またも虎にアクシデント発生だ。

午前11時すぎ、ナゴヤドームに到着したチームバスの中に糸井の姿はなかった。そして、2軍で調整中だった高山が名古屋から合流した。まさかの糸井離脱。球団広報が、アクシデントの詳細について説明した。

「名古屋市内の病院で検査を受け、『左肩腱板の部分損傷』と診断されました

糸井に激痛が走ったのは21日の広島戦(マツダ)だった。新井の打球にダイビングキャッチを試みたが、グラブの横を打球がすり抜け、適時三塁打-。
そのとき、左肩を痛めた。前日28日の中日戦(ナゴヤドーム)まで「4番・右翼」として我慢してきたが、無念の途中離脱。今季絶望-。

時間がかかるみたいですね。損傷があるから。(今季の残り試合は)そりゃ、無理でしょうね。2週間ぐらい安静にしないと…といっていたんで

金本監督もショックを隠しきれない。119試合出場のうちチームトップの75試合で4番を務め打率・308、16本塁打、68打点。数字だけではなく、リーグ優勝を逃したときも「4番の悪さですね」と責任を背負っていた。
6月30日のヤクルト戦(神宮)で死球を受け、右腓骨を骨折した後も出場を続けながら治そうとした超人にも、ついに限界が訪れた。

2: 名無し 2018/09/30(日) 05:20:50.25 ID:tCNMwCHYp
9月以降、北條の左肩亜脱臼、原口の左手第5中手骨骨折、藤川の右肘痛とチームは故障続き。暗黒時代と呼ばれた2001年以来となる最下位フィニッシュ危機にある中で主砲不在。残り11試合。どう乗り切る。(阿部祐亮)

★野球選手が起こしやすい故障

腱板損傷は肩関節を酷使することによって発生するため、野球選手が起こしやすい故障といえる。特に投手は起こしやすく、斉藤和巳(元ソフトバンク)は3度も手術し、6年のリハビリを経て引退。
由規(ヤクルト)やこの日、引退登板した浅尾(中日)もこの故障に苦しんだ。金本監督も現役時代の2010年に発症。以降、守備での送球に影響が出た。

腱板損傷
肩の筋肉の下には複数の腱があり、肩の筋肉と腕の骨をつないでいる。この腱を「腱板」と呼び、スポーツで負荷がかかったり、加齢でこれが部分的に切れることを腱板損傷という。激痛を伴い、痛みで腕が挙がらなくなる。
鎮痛剤を処方して1~2週間安静にすれば、多くの場合、痛みは治まる。腱が自然に再生することはないものの、肩には複数の腱があるため、痛みさえ治まれば普通に動かせるようになる。
ただし、痛みが長引く場合や引き続き腕が挙がらない場合は手術を行う。手術をした場合は1カ月ほど固定し、その後、2~3カ月のリハビリが必要といわれている。
https://www.sanspo.com/baseball/news/20180930/tig18093002270002-n1.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2erdfgvsqwww

1: 名無し 2018/09/29(土) 12:06:22.58 ID:5PrnRFNd0NIKU
9/29(土)のセ・リーグ公示
【出場選手登録】
髙山俊(T)
浅尾拓也(D)
野本圭(D)
【出場選手登録抹消】
糸井嘉男(T)
#NPB
阪神の糸井嘉男外野手(37)が29日、出場選手登録を抹消された。
左肩の痛みが引かないために名古屋市内の病院で検査を受けたところ、「左肩腱板の部分損傷」と診断された。
20日からの広島3連戦中、ダイビングキャッチを試みた際に痛めたという。今後は様子をみて判断する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000059-dal-base


続きを読む

このページのトップヘ