3wxxxxswe

かつて阪神の外野手として活躍した林威助氏(39)がファーストピッチセレモニーに登場した。

阪神時代の応援歌が流れると、マウンドから右翼席に両手を振ってあいさつ。久しぶりの林氏の、モノマネで左打席に入ったトラッキーから低めの投球で空振りを奪った。同日と6日は「台湾デー」として行われ、台湾出身で日本のファンにも愛された同氏の招待が決まった。

古巣阪神に「今のところそんなに調子がよくないけど、選手はキャンプからしんどい練習をしてきた。夏に向けて乗っていけると思う」とエールを送った。甲子園に来るのは退団以来で「やっぱり懐かしい。甲子園の雰囲気がある。自分の家のように思っている。いろんな人に助けてもらい、ファンの人たちに応援してもらった。思い出はたくさんあります」。07年6月10日のソフトバンク戦で台湾の英雄、王貞治監督の前で延長10回にサヨナラ2ランを放ったことを印象的な思い出に挙げた。

福岡・柳川高校に野球留学し、近大から02年ドラフト7位で阪神入団。13年まで11年在籍し、14年からは故郷台湾の中信兄弟でプレーを続けたが昨年引退。同チームの2軍監督を務めている。

「台湾は今、打者にいい選手が多くて、チャンスがある楽しみな選手がいる。いずれ日本でやってほしいし、そういう選手を育てたい」。当時と変わらぬさわやかなスマイルで現在の夢を明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00230283-nksports-base



◆藤浪晋太郎vs森友哉 大阪桐蔭対決は四球

huiji,oe

甲子園優勝バッテリーの対決が実現した。2012年、大阪桐蔭高の甲子園春夏連覇の立役者となった阪神・藤浪と西武・森。六回1死一、二塁、森が代打で登場。初球は藤浪の速球を見逃してストライクとなったが、ここから制球が定まらずに4球ボールが続き、四球となった。森は「1点差に迫られた直後で、楽しむよりも、何とか打ちたい気持ちが強かった」と先輩との1打席の対戦を振り返った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000059-mai-base


◆侍JAPAN 稲葉監督が阪神vsオリックスを視察しに甲子園へ



◆能見さん中継ぎいけるで!

q3kjd11a

阪神能見篤史投手が「救援デビュー」した。約1カ月ぶりに出場選手登録されると、3番手で2-3の7回に登板し、無失点に抑えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00230475-nksports-base


◆6月6日にプレゼント予定だった「虎ドレッド」は配布日変更へ




◆6月7日 vsオリックスの先発はスライド登板の秋山!

 

◆両先発

ewfhwer2w2


◆管理人より

試合のない日はこういう小ネタ記事を書いていこうと思います。