2019年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
dentou

1: 名無し 2019/01/27(日)02:45:29 ID:QvN
拒否権はないこととする

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加        
retrrrrt

1: 名無し 2019/02/28(木) 15:26:22.18 ID:EWP7xuwF0
阪神・藤浪、復活に手応え「過去2年は『違うな、違うな』と思って投げていた」
2/28(木) 13:10配信 スポニチアネックス

阪神の藤浪晋太郎投手(24)が27日深夜放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)で武井壮(45)の直撃インタビューを受け、「失った2年を取り返す」と今季に懸ける思いを語った。
ルーキーイヤーから3年連続2桁勝利を記録した藤浪だが、近3年は7勝→3勝→5勝と結果が振るわず。今季への意気込みを問われると、「自分はボールを前で離したいタイプなんですけど、
ここ2年は前で離すフォームになっていないので、どれだけ前で離そうとしても離せないということが多かった。過去2年は『違うな、違うな』と思って投げていたんですが、自分の思っている感覚がはまってきているかなと思う」と手応えを口にした。

2: 名無し 2019/02/28(木) 15:26:37.80 ID:EWP7xuwF0
また、これまでに対戦してきた「最強打者」には巨人・阿部慎之助捕手(39)の名前を挙げた。15年9月9日の巨人戦でインコースの150キロ超の直球を右翼席に運ばれたことを振り返り、「他のバッターにあまりそこ(インコースぎりぎり)を弾かれることはない。自分の中ではちょっと衝撃的でした」と語った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000094-spnannex-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
9292

1: 名無し 2019/02/27(水) 13:12:11.80 ID:mmzTjlUx0
今年39才で日米通算225セーブ
日本だけだと223セーブ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
rfjjriikg

1: 名無し 2019/02/28(木) 13:05:56.11 ID:icvrDzsz0
昨季限りで阪神監督を辞任した金本氏は、古巣を含めてキャンプ地に姿を見せず、公の場に出ることはほとんどなかった。
僕は甲斐野投手(東洋大、ソフトバンク1位)が1位で欲しかった。あの球の速さ。高校生だったら藤原選手(大阪桐蔭、ロッテ1位)」と、自身が温めていたドラフト構想を明かすと、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000030-nkgendai-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
4rj8uvjv

1: 名無し 2019/02/28(木) 05:50:37.20 ID:hnSAD7Ho0
阪神・藤浪、実戦含め1500球投げる「結果を残したい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000505-sanspo-base

ここまで実戦3試合では制球が安定せず、思うような投球が出来なかった。
キャンプ終盤にはほぼ毎日ブルペンに篭り、ひたすら右腕を振り続けた。
19日の291球を筆頭に、ブルペンでの総投球数は1300球を超え、実戦を含めると約1500球にもなった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加        
fjdje94

1: 名無し 2019/02/28(木) 08:21:57.23 ID:dOAXGnZl0
阪神春季キャンプ(27日、沖縄・宜野座)もっとヤレる! 阪神が27日、沖縄・宜野座キャンプを打ち上げ、就任1年目の矢野燿大監督(50)は「90点」と手応えを口にした。一方で、残りの10点に若手投手陣の物足りなさを指摘。3月29日の開幕(ヤクルト戦)まで、あと1カ月。最下位からの巻き返しを期す矢野虎が100点を目指して、熱く、激しく仕上げていく。

競争を焚きつけ、熱く燃えた27日間のキャンプが、終わった。照りつける宜野座の日差しを浴びながら、矢野監督が充実の笑みを浮かべた。

競争をテーマに、特に野手は高いレベルで競争をしてくれた。楽しみというか、いい悩みがたくさん増えたなっていう。充実したキャンプになりました。どこまでいっても100点はないと思うのでね。あえて点数をつけるなら、90点ぐらいだと思います

昨年10月18日の就任会見から、132日-。「ますます楽しみになった」。言葉には、確かな手応えがにじんだ。

続きを読む

このページのトップヘ